スポンサーリンク

Note

書籍のはなし

スポンサーリンク

名瀬です。

今回は画像なしです。

黒、黒、そして黒

002、なんとかコミック1冊出せそうなほどの分量が描き上がりまして。

今まで描いた分を読み返し、試しにトーン化してコピー用紙に印刷してみたんです。

すると、今までグレスケで気付かなかったんですが、

思った以上に黒い!!

特に1話。

全面にトーンが貼られている状態で、読んでると手が黒くなりそうな勢い(゜Д゜)

これはマズイと思い、不要なトーンを削除、削除、削除ォ!!!

夜だからって、全部黒くしなくていいし、雨だからって全部雨粒描かなくてもいいんですよね。

どこか一コマ説明や描写があれば、読み手は雨の夜だと理解しながら読み進めるので、他のコマは白くても問題ないわけです。

あとは、佐保のベッドが黒い。

佐保が寝ていたら、見つけられないくらい黒いw

50%グレーで塗っていたけれど、10%に変更。

全体的に画面が明るくなり、見やすくなりました。

WEB公開のみならこのままでもよかったのですが、紙を意識するって大変なんですね。

勉強になりました。

セリフ詰まりを直す

前回のブログ、フィードバックでもちらっと書きましたが、セリフが詰まりすぎているのも、ページを増やすことでなかなかいい感じになっています。

20ページくらいかな。

移動しなきゃいけないコマもありますが、そんなに苦ではないです。

絵で説明されているのに、文字で重複している箇所も見受けられたので、セリフもだいぶ削りました。

どんどん読みやすく、変わっていく002を見て嬉しくなります。

加筆分はあと10ページほど、新たな挿絵、表紙など、まだやらなければならないことがたくさん残っています。

がんばるぞ!

書籍化は考えないといけないことが多すぎる

全部の修正が終わったら、このサイト、pixiv、アルファポリスに載せている002は一旦削除して、アップし直します。

有料の電書版はページ調整の挿絵が何点か、オマケまんが、メイキング・ボツ集、あとがきを収録したいと思います。

さて、どこに置こうかな??

BOOTHは確定として。

Kindleは勇気がありません。

市場が大きすぎて、レビューで心が折れそうです。

紙版は自分の記念・保管用に2部くらい刷りたいのですが、電書版の売り上げを元手にしたいほどのカツカツ生活なので、電書が売れたらもっと用意できるかもしれません。

紙と電書の価格差はどうしようというのも悩みどころです。

おそらく紙の原価は1700円くらいだと思うんです。

180ページもありますし。

電書版が安すぎると不公平感が大きいような気もするし、高くしすぎると買うのに躊躇しちゃうと思うんです。

でも一次創作だし……。

わからんwww

スポンサーリンク

-Note
-

No copying.